ニュージーランドの交通・道路事情と交通ルールについて

交通・道路事情

左側通行

ニュージーランドは日本と同様に車両は左側通行です。車も右ハンドルが主流です。左側通行に慣れていない方は運転にご注意ください。
特に右左折の際には、反対車線に入らぬよう十分気を付けてください。

モーターウェイとハイウェイ

ニュージーランドでは自動車専用の高速道路をモーターウェイ、国道のことをハイウェイと呼びます。

ハイウェイの制限速度は市街地で50km以下、郊外で80~100kmが一般的です。
初めて走行する際には周囲の車の速さに驚くことでしょうが、無理にぺースを合わせず速い車は先に行かせるように余裕を持って運転してください。

急カーブの手前では黄色地に白黒の文字で書かれた標識で最高速度が表示されています。表示速度以下に減速して走行すると、安全にカーブを曲がれます。

モーターウェイは制限速度100kmで無料です。緊急時以外は一時停止も禁止されています。

制限速度について

制限速度は最初の速度標識の表示速度で次の制限速度標識が出てくるまで有効です。 つまり時速100kmの標識があれば次の標識まで時速100kmが制限速度です。

スピード違反取り締まり用カメラが数多く設置されています。スピードの出し過ぎには十分注意しましょう。

クラクションについて

ニュージーランドの人々はクラクションを鳴らすことはほとんどありません。 また市街地では夜間や早朝にクラクションを鳴らすことが禁止されています。

クラクションを鳴らすのは本当に危険が迫っている時だけとお考えください。

道路事情

基本的にニュージーランドの路面には三つの種類があります。
運転をする際にはそうした路面に合わせた運転が必要で、路面の違いが運転にどのような影響を与えるか理解しておくと良いでしょう。路面が変化する際には十分な注意が必要です。

アスファルト舗装道路

日本でも一般的なアスファルト舗装道路は見た目には黒色で、表面がスムースなため、運転している際の路面との接地音も静かです。
頻繁に利用される道路やカーブなどに多用され、ブレーキの効きが良い路面です。

しかし通常時にはブレーキの効きは良いとされているのですが、降雨などで路面が濡れるとタイヤのグリップ力が低下します。
路面が濡れている時は、十分に注意した走行が必要です。

砕石混入タール舗装道路

細かく砕いた砂利を混入した舗装道路です。
舗装状況が良い場合は路面に小さな凹凸があるように見えますが、通行量が多く年月を経た道路は路面の凸凹が摩耗しています。

このような道路はタイヤのグリップ力が低下し、スリップしやすくなっています。
また、新たに補修舗装された区域を走る際は、次に現れる古い路面がスリップしやすくなっています。

いずれもこうした路面環境では慎重な運転を心がけてください。

砂利敷設道路(砂利道)

砂利道は一般的に交通量の少ない道路で、地方の幹線道路以外の道路の場合がほとんどです。

砂利はタイヤの下で可動する事から、想像以上に車体が滑ります。
またタイヤにはじかれた石は対向車両まで飛び跳ねてくる事もありますので、砂利道の走行にはスピードを落とし細心の注意が必要です。
道路状況を判断しながら安全な速度で運転してください。

好天が続いている時は、対向車が巻き起こす土ボコリによって前方の視界が低下する事がたびたびあります。
車間距離を十分に取って走行してください。

交通ルールについて

左側通行

車両は左側通行です。

左折優先

左折時には左側から進入する車を優先します。

ラウンド・アバウト

多くの交差点は、信号の代わりにラウンド・アバウトと呼ばれるロータリー型の交差点になっています。
ラウンド・アバウトは中央に円い島状の空間を持つ交差点で、全ての車両はロータリー部を左に向かって時計回りで走行しなければなりません。

ラウンド・アバウトにおける優先走行

ラウンド・アバウトに進入する際は、右側から来る全ての車両を優先させて、十分注意してから進入してください。

1一車線のラウンド・アバウト

ラウンド・アバウト内の車線が一車線の場合

ラウンド・アバウトに差し掛かったら速度を落とします。
ラウンド・アバウトに進入する際に、あなたの右手からあなたの車線を横切ると予測される全ての車両に優先権を与えて、十分注意して進入します。

複数車線のラウンド・アバウト

ラウンド・アバウト内の車線が二車線以上ある場合のほとんどは、進入・離出しやすいように、車線と走行する方向への矢印が路面に記されていますので、自分の走行車線を選択してください。

ただ、路面上の表示は全てのラウンド・アバウトに記されているとは限りません。
車線の選択には細心の注意を払ってください。
特にラウンド・アバウトを出る際に注意が必要です。
もし出口近くまで接近した状況で車線を変更しなければならない時には、変更しようとする車線を走行している車両に優先権を与え通過させてください。

複数車線のあるラウンド・アバウトに進入する場合

正しい車線に入る必要がある。
ラウンド・アバウトに進入する際に、あなたの右手からあなたの車線を横切ると予測される全ての車両に優先権を与える。

2ラウンド・アバウトで方向指示器を使用する場合

ラウンド・アバウトに進入してから最初の出口(四叉路の場合は主に左折)を利用する場合

ラウンド・アバウトに接近した際に、左への方向指示器を点滅させる。

ラウンド・アバウトを直進して通り過ぎる場合

ラウンド・アバウトに接近した際に、方向指示器は点滅させない。 あなたが利用しようとする出口付近手前から左への方向指示器を点滅させる。
小さなラウンド・アバウトでは難しい場合もあります。
できる限り意思表示をするように心がける。

ラウンド・アバウトの半分以上を走行する場合

ラウンド・アバウトに差し掛かった際に、右への方向指示器を点滅させる。
あなたが利用しようとする出口とその手前の出口との中間付近から左への方向指示器を点滅させる。

ご注意ください!
ラウンド・アバウトでの周回は禁止されています。

3ラウンド・アバウトの標識

前方にラウンド・アバウトがある事を示しています。

ラウンド・アバウトに近づいたのに伴い、中心の円形に向かい左車線を走行するように指示しています。

ラウンド・アバウトの優先ルールに基づいて走行するように指示しています。

ギブウェイ

優先道路への合流手前には「Give Way」という標識があります。
合流先の道路が優先であることを示しているのですが、一旦停止義務はなく、安全が確認できればそのまま進入が可能です。
上記のようにラウンド・アバウトでも同様ですので、進入の際には十分に注意して進入しましょう。

一車線の橋(One-lane Bridge)における優先走行

ニュージーランドでは二車線の相互交通道路に、片側一車線分の幅しかない橋が架けられている場合が国道でもよくあります。
この橋を通過する車両は互いに譲り合う必要があります。
全ての一車線の橋の手前には標識が必ず掲示されており、優先ルールが明示されています。

橋で優先走行を示す標識

これら2つの標識は、橋を渡る際、対向車に道を譲らなければならないことを示します。

この標識は、対向車がいないときに注意しながら橋を渡っても良いことを示します。

シートベルトの装着義務と小児の安全確保に対する配慮

装着義務

車両運転者は、同乗者全員にシートベルトを装着させること、もしくはチャイルドシートを使用させることが義務づけられています。
15歳以上の全ての同乗者は、前後の座席の区別なく三点式のシートベルトの着用が義務づけられています。
*NZで使用される車両は日本と違い、後部座席も全て三点式のシートベルトです。

小児の安全確保の義務

4歳以下

4歳以下の小児は認可されたチャイルドシートの利用が義務づけられています。

5歳以上、7歳以下

5歳以上、7歳以下の小児はチャイルドシートが搭載されている場合、その利用が義務づけられています。チャイルドシートがない場合にはシートベルトの着用が義務づけられます。

乗馬する人がいる道路、郊外を走行する場合の配慮

前方道路上に馬を見かけた場合には、特に注意した走行を心がけてください。
馬は車を恐れて異常な反応を起こす場合がよくあります。減速を心がけてください。

ご注意ください
畑、林、森の中を走行中、小動物や野鳥が飛び出してくることがありますが、敢えて避けてはいけません。
高速時の急ハンドルが、あなた自身の事故にも繋がりかねません。
また急ブレーキを掛ければ、車体が滑ったり、後続車に追突される恐れもあります。
無理な回避行動をとらずに落ち着いて行動しましょう。

道路標識

規制標識

通常、青色または赤色で表示されます。

標識により赤色で縁取られている場合もあります。

警告標識

常設警告標識は黄色及び黒色で表示されます。

仮設警告標識

仮説警告標識はオレンジ色及び黒色で表示されます。

情報標識

形状は全て長方形ですが、異なった大きさや色彩が使用されます。

制限速度標識

制限速度とは、良好な気候・道路状況下での最高速度を意味します。

その他の速度制限に関わる標識

駐車に関する標識