貸渡約款のご案内

 

貸渡約款のご案内

    貸渡契約書は、借受人の詳細と共に、下記約款を含んで構成されます。貸渡契約書は、OTS Rent A Carとして営業するOTS Global Limited(以下「オペレーター」といいます。)と、契約書に詳細が記載された借受人(以下「借受人」といいます。)との間で締結され、これにより以下の通り同意されます。

1. VEHICLE DESCRIPTION 車両について

    貸渡契約書に記述されている借受期間に、貸渡契約書に詳細が記述されている車両(以下、「車両」といいます。)を、オペレーターが貸出し、借受人が借受します。

2. DURATION OF HIRE 借受期間

  1. 借受人は、貸渡契約書に明記されている期間の開始日時から車両を借受することとし、貸渡契約書に明記されている日時に完結することとします。
  2. 借受人は、借受期間終了の前に、オペレーターへ通知と延長に対する承諾を得ることにより、その借受期間を延長することとします(すべての延長は稼働とオペレーターの自由裁量によります)。その場合、借受人はオペレーターにより提示された追加費用の支払いに同意したとみなされます。仮に、借受人が上記を怠り、無認可利用として貸渡契約書に明記された借受期間を超えた車両の利用を継続した場合、借受人は$200を上限とする違約金に加え、借受料金と/または下記に記述された遅延料金支払いの義務があるとします。
    1. HCクラスは1時間あたり$15
    2. C-HRクラスは1時間あたり$15
    3. WBクラスは1時間あたり$20
    4. WDクラスは1時間あたり$25
  3. 借受人が自発的に、貸渡契約書に明記された場所へ借受期間終了前に車両を返却した場合、借受人に、払い戻しの権利はありません。
  4. 上記第2項(a)-(c)において、借受人が貸渡契約書に明記された借受期間終了前までに車両と鍵を返却するまで、オペレーターは車両が返却されたとみなしません。

3. AUTHORISED DRIVER 認可されたドライバー

  1. 車両は、認可ドライバーとして貸渡契約書に挙げられた人物のみ、運転することができます。認可ドライバーは、貸渡契約書締結時に21歳以上であり、借受け車両に対して有効な運転免許証を保持していなければなりません。運転免許証は、オペレーターに提示され(複写され)、認可ドライバーにより借受期間中は常に保持されなければなりません。
  2. 仮に運転免許証が英語で記載されていない場合、国際運転免許証(英語で記載)または正式な運転免許証の翻訳文が伴わなければなりません(運転免許証の英語翻訳有効性の判断は、オペレーターの自由裁量とする)。
  3. 認可ドライバーは、運転手1名あたり$10で追加できるものとする。

4. PAYMENTS BY HIRER 借受人による支払い

  1. 借受人は、貸渡契約書に明記された借受車両の総額(GPSやその他付属品がある場合は、それらも含む)を支払うものとします。
  2. 車両はすべて24時間制の料金となります。第2項(b)(i)-(iv)に記述の通り、各遅延返却時間は追加料金が適用されます。(営業時間外の車両返却はお受付できません)
  3. 上記第4項(a)と(b)で明記された支払いに加えて、貸渡契約終了後に発生した追加費用を、借受終了時に支払う義務があることを承認するものとし、以下を含むがそれに限定されません。
    1. 追加ドライバー費用
    2. 運転手の年齢が21-24歳に対する追加費用
    3. 遅延返却に対する費用
    4. 同意された返却時間を超えた、車両の利用に対する追加費用(借受料金と/または遅延料金に加えて最大$200)
    5. 当社営業所とは別の場所に返却された車両の再配置費用、最大$1,000
    6. 車両が満タンでなく返却された場合、燃料代に加えて$100の充填費用
    7. 第15項にある違反金
    8. 仮に車両が過度に汚れて返却された場合や、追加で清掃や消臭など特別な対応を必要とした場合の車両清掃の費用
    9. 第15項に記述の各違反金に対する事務手数料として$50、また
    10. ロードユーザー費用
  4. 借受人は、借受期間中の車両や付属品の損失や損害に対する費用について、支払いの義務があります。車両返却後、明らかになるオペレーターによる最終検査の後に、これら費用は決定され借受人に通知されます。
  5. オペレーターは、第4項(a)-(d)に提示された費用を、発生次第すぐに借受中または借受後に、借受人のクレジットカードより、引き落としします。または、借受人は、オペレーターの単独の自由裁量により事前に同意したそれら費用を、支払うことができます。

5. HIRER’S OBLIGATION 借受人の義務

借受人は、下記を確実に順守するものとします。

  1. 車両の取り扱いと駐車の際に、十分に配慮する。
  2. 使用していないとき車両は鍵がかけられ、鍵は常に借受人の本人の監視下の元、安全に保管される。
  3. 車両のラジエーター液、バッテリー、オイル量、クーラント量とタイヤ空気圧は、適当な基準を維持する。
  4. 車両に適切な種類の燃料のみを利用すること。
  5. 喫煙はどの車両でも許可されません。借受人は、清掃のための追加費用を支払うものとする(この約款に違反した場合第4項(c)(viii)が適用される)。
  6. 車両にペットがいる時は、動物かごに入っておかなければならない。借受人は、清掃のためのすべての費用を支払うものとする(この約款に違反した場合第4項(c)(viii)が適用される)。
  7. 7歳以下の子供は、認可されたチャイルドシートで座席に固定されなければならない。この約款に応ずることを怠った場合、オペレーターは、借受人の車両借受を拒否する権利を持つ。
  8. すべての認可ドライバーは、常に運転免許証を保持するものとし、警察官の要求に応じて提示する。
  9. 車両の警告灯が作動し、機械的な対処が必要と示された場合、借受人は車両の運転を止めることとし、オペレーターへすぐに知らせる。
  10. 借受期間中、借受人により引き起こされた、車両または付属品への損害、欠陥または機械的故障の場合、借受人は可能な限り早急にオペレーターへ知らせ、また発生してから24時間以内に知らせなければならない。借受人がオペレーターへ事故の通知を怠った場合、借受人の得た保険は無効になる。
  11. 燃料満タンでの車両の返却。
  12. New Zealand Transport Agencyの規則と規定について認識し、従うよう実行するのは、借受人の責任である。
  13. 借受期間を通して、契約書の写しを車両に保管し、警察官による調査の要求に対して、遅れることなく提出すること。
  14. 誰一人として、車両の走行距離目盛り、スピード目盛り、エンジン、トランスミッション、ブレーキ、サスペンションシステムを含み、それに限定されない車両の機械的な側面へ干渉してはならない。

6. OPERATOR’S OBLIGATIONS オペレーターの義務

    有効なCertificate of Fitness基準を満たし、安全で道路使用に適した条件にある車両の提供するものとします。

7. LIABILITY 責任

  1. 借受人は下記の責任を有します。
    1. 借受期間中に起った車両とその付属品の損失と損害
    2. 借用期間中に起こった第三者の車両や、または所有物の損失と損害
    3. オペレーターに被る、救援費用、再貸渡しの不可や収入の損失を含む間接的な損害や損失の費用
  2. 借受人は、車両の利用または誤用の結果として、借受人が被るまたは責任があるすべての行為、請求、要求、損失、損害、費用、支出、危害やその他偶発事故から、オペレーターを保障し免責することに同意します。

8. USE OF THE VEHICLE 車両の利用

借受人は、

  1. オペレーターの認識のもとで、Part 4A of the Land Transport Act 1998による旅客サービス免許で利用のための借受以外は、貸渡しや報酬目的とした旅客輸送で利用される車両として、利用または許可してはならない
  2. 他者に車両を貸渡しまたは、また貸ししてはならない
  3. 彼または彼女の権限外において、車両が利用されるのを許可してはならない
  4. sections 56, 57 and 58 of the Land Transport Act 1998に対する違反を含んだ状況において、車両を利用または利用許可してはならない
  5. レース、スピードテスト、ラリーまたはコンテストの目的で車両を利用または、利用許可してはならない
  6. Land Transport Act 1998, the Traffic Regulations Act 1976, the Transport Act 1962または、条例、規則、法令、また道路交通に関する法律に違反する車両の利用、または利用許可してはならない
  7. 車両の荷積み証明に明記された乗客数を超えた乗客の輸送、または車両総重量を超えた車両の利用、または利用許可してはならない
  8. 現在有効な免許証を所有していないいかなる人の、車両の運転、または運転許可してはならない
  9. オフロードまたは第13項(f)に挙げられた道路で車両の運転、または運転許可してはならない。’オフロード’とはビーチ、土の道路、川または車両に損害を与える可能性がある場所を含む、またはそれに限定されない
  10. 貸渡契約書に記載された認可ドライバーではないいかなる人へ、車両の運転を許可してはならない
  11. いかなる他の車両を牽引または押し進めるための車両の利用、または利用許可してはならない
  12. 車両内でいかなる人への喫煙を許可してはならない
  13. いかなる動物は、ケージを利用する以外、車両で輸送してはならない
  14. 違法な活動が伴う車両の利用または利用許可してはならない

9. MECHANICAL REPAIRS 機械的修理

    1. 車両の欠陥、機械的故障と/または警告灯の点灯がある場合、運転手は必ず運転を止め;
      1. AAアシスタンスに連絡(第11項参照);また
      2. オペレーターに連絡しなれけばならない

怠った場合は、問題を調査するオペレーターの義務を借受人が放棄した結果し、またいかなる結果的な損害について借受人の責任となります。

  1. さらなる車両やその他の物への損害を防ぐための車両の救出以外、借受人はオペレーターの事前の許可なく、修理、または修理手配をしないものとします。借受人が車両救出のために支払わなければならなかった場合、それが起こってからすぐに、また24時間を超えず、オペレーターに通知しなければなりません。

10. DAMAGES & ACCIDENTS 損害と事故

  1. 車両へ新しい損害を生じた事故や出来事がある場合、借受人の過失に関わらず、借受人は:
    1. その出来事の完全な状況について、ただちにオペレーターに通知;
    2. NZ警察に電話し、責任所在を決定するために現場への出動を要請する;また
    3. けが人がいる場合は、救急車を呼ばなれけばなりません。
  2. 損害は、車両と/または第三者の物に対する、いかなる、またすべての損害を含みます。
  3. さらなる車両やその他の物への損害を防ぐための車両の救出以外、借受人はオペレーターの事前の許可なく、修理、または修理手配をしないものとする。借受人が車両救出のために支払わなければならなかった場合、それが起こってからすぐに、また24時間を超えず、オペレーターに通知しなければならりません。
  4. 誰に過失があるかに関わらず、貸渡契約書の保険免責額は、借受終了時ではなく、事故が報告された際に適用され、必ず支払わなければなりません。保険免責額は、オペレーターが第三者より損害の全費用回収に成功した場合のみ、返金されます。
  5. 第8項(i)の下に制限された道路での車両利用が起因の、車両のいかなる損害と/または修復は、保険が適用されず、借受人はそれら費用について全責任を有します。
  6. 借受終了前に、適切なクレームフォームを完了することを怠った場合、借受人は事務手数料の最大$200の責任とし、借受人がすべての費用の責任となる結果にもなりえます。
  7. 事故後、車両が運転に適さなくなった場合、オペレーターは未利用期間(保険を含む)の返金義務はなく、代替車両はオペレーターの自由裁量により提供されます。オペレーターは、借受人と同行している乗客の事故現場からの輸送費用について、責任がないものとする。オペレーターは、代替車両に対して、借受人の責任の増加を申し付けと/または、保険の提供を拒否する権利を有するものとします。
  8. 借受人は、オペレーターの車両にもたらされた損害の証明として、見積もりを承諾する義務付けられているものとします。

11. ROAD ASSISTANT SERVICE ロードアシスタントサービス

すべての車両が、Automobile Association (AA)の24時間ロードサイトアシスタントに登録されています。

オペレーターのロードサービスにより適用される機械的故障

  1. 冷却の欠陥
  2. エンジンとトランスミッションの問題
  3. 電気系の欠陥

借受人の負担による、非機械的故障のロードサービス

  1. ガス欠
  2. タイヤのパンク
  3. バッテリーあがり;また
  4. 事故による故障

12. INSURANCE 保険

オペレーターのレンタル車両は、ニュージーランドの許可を受けた保険会社からの、自動車両保険約款の元、保険に加入しております。
  1. 借受人は、オペレーターによる自動車両保険について、必ず申し受けされなければならないことを、通知されます。しかしながら、貸渡契約書への諸諾前にオペレーターによる承認を条件として、借受人は自身で保険手配をすることができます。仮に、借受人の保険がオペレーターの保険補償と同等ではない場合、オペレーターは車両の貸出しを拒否する権利を有します。
  2. 借受人がオペレーターの保険利用する選択をした場合、車両の運転を許可された者として貸渡契約書に載る認可ドライバーは、貸渡契約書の約款が適用されます。
  3. 借受人がオペレーターの保険を利用しないと選択し自身の保険を利用する場合、借受人は第7項(a)(i)-(iii)に提示された車両への損失、費用、損害、またいかなる事故に巻き込まれた第三者に対するそれらすべての責任を承諾します。
  4. 借受人が保険約款を承諾した場合、借受人はオペレーターの保険により、第7項(a)(i)-(iii)に提示された責任において最大$10,000,000まで補償されます。本項は、借受人がオペレーターの保険を拒否した場合には適用されません。
  5. 借受人がオペレーターの保険を利用し、Risk Compensation Plan (RCP)の購入をする選択をしない限り、借受人により支払われるべき免責額は基本保険免責費用となり、毎度また車両への新規損害に対して支払われます。
  6. 借受人は、オペレーターの保険のもと、借受人により支払われるべき基本保険免責額を減らすRCPを購入することができます。借受人がRCPを購入する選択をした場合、借受人は貸渡契約書に明記された料金を支払います。
  7. 借受期間中、Risk Compensation Plan (RCP)は、最初の事故で発生した損害に対して1回のみ使用できます(1回以上あった場合)。最初の事故に対する保険の補償が使用されると、その先の車両に関する請求は基本保険免責の元保証されます(No Compensation)。

13. INSURANCE EXCLUSIONS 保険対象外

借受人は、以下の状況は第12項に明記されたオペレーターの保険によって保障されないことを承認します。
  1. 車両を運転する能力に影響するアルコールまたはいかなるドラッグの影響下にあるドライバー
  2. 借受の期間に発生した、車両が安全ではないまたは走行に適さない状態。それが損害または損失の原因または一因となり、借受人またはドライバーがそれを知りながら、または気づくべきであった場合。
  3. 車両が、貸渡契約書に記載されていない、いかなる者により運転された場合。
  4. 車両が、無免許またはその車両に適切な免許を保持していない車両運転中のいかなる者により、運転された場合。
  5. 貸渡契約書に記載された認可された借受人またはいかなる認可された者、または借受人権限下の者による、意図的または向こう見ずなふるまいによって車両が損害または損失した場合。
  6. 車両が次のいずれかの道路で利用された場合:Ball Hutt Road (Mt Cook), Skippers Road (Queenstown), Ninety Mile Beach (Northland), all roads north of Colville (Coromandel Peninsula)に加え、オフロード状況、川底、土道やビーチを含む未形成の道路、車両に損害を与える可能性がある地域。
  7. 車両運転中の認可ドライバー、借受人権限または管理下の者による運転違反を犯した場合。
  8. 製造元の仕様を超えて車両が荷積みをされたいかなる場合
  9. ニュージーランドで違法とされる状況において、車両、物またはその他車両が損害を受けた場合。
  10. 入江、川、氾濫した浅瀬、海水またはビーチを含む水域の運転の結果により車両が損害を受けた場合。
  11. 車両が、スノーチェーン、スキー/スノーボードラックまたは自転車ラックの誤用から生じる、または借受人が車両内外で運搬するいかなる物により、損害を車両が受けた場合。
  12. さらなる車両の損害を引きおこす警告灯が点灯した状態での車両運転の継続。
  13. 紛失した鍵の買い替え、または車両内に施錠された鍵の取り出しにかかる全費用
  14. 車両がいかなるレース、スピードテスト、ラリーまたはコンテストで運転された場合、いかなるレース、ラリーサーキット、ペースメーカーとしてのイベントにおいて利用された場合、またはいかなる前述された活動の準備における試験。
  15. 借受人の個人的所有物は補償されない。
  16. 誤った液体または燃料の注入
  17. 清掃や消臭が必要になる過度に汚れた状態で車両が返却された場合の車両の洗車
  18. 借り上げしているアクセサリーの損失や損害
  19. 低い建物や物への侵入または車両天井へ乗ることによる車両へのいかなる損害
  20. 借り上げ終了前に、事故や新たな損害の報告の怠慢と関係するクレーム続き不履行の場合
  21. 貸渡契約書の期間の超過時や無認可での期間延長時、またはオペレーターより借受人へ通知されたその他期間やその他の状況下の場合
  22. タイヤの損害、バッテリー上がり、鍵の紛失や燃料の入れ違いを含む非機械的故障または事故によるすべてのロードサービス費用、救援費用と修復費用
  23. 借受人がその場にとどまることを怠り、警察またはオペレーターの要求に応じなかった場合
  24. 借受人は、車両への損害を引き起こす事故があった場合の責任を認める/否定するいかなる行動をしないものとする。またいかなる事故に巻き込まれた第三者との支払いや解決を交渉しないものとする。
  25. 約款に違反して車両を利用した場合

14. RETURN OF VEHICLE & TERMINATION OF THE HIRE 車両の返却と借り上げの終了

  1. 借受人が、貸渡契約書に記載された借り上げ終了日より前に、明記された場所へ自発的に返却した場合、借受人は返金の権利はありません。
  2. 借受人は、借受期間終了の前に、オペレーターへ通知と延長に対する承諾を得ることにより、その借受期間を延長できることとします(すべての延長は稼働とオペレーターの自由裁量によります)。その場合、借受人はオペレーターにより提示された追加費用の支払いに同意したとみなされます。仮に、借受人がそれを怠り、無認可利用として貸渡契約書に明記された借受期間を超えた車両の利用を継続した場合、借受人は$200を上限とする違約金に加え、借受料金と/または下記に記述された遅延料金支払いの義務があるとします。
    1. HCクラスは1時間あたり$15
    2. C-HRクラスは1時間あたり$15
    3. WBクラスは1時間あたり$20
    4. WDクラスは1時間あたり$15
  3. 営業所以外の異なる場所への車両返却に対して、最大$1,000のリロケーション費用が適用されます。
  4. 借受人が約款順守を怠り、または車両の損害や事故に巻き込まれた場合、オペレーターは契約を終了し車両を引き取る権利を持つものとします。
  5. 契約の終了または車両の引き取りの場合、オペレーターは未利用借り上げ期間の返金をする義務はありません。本条項による借り上げ終了は、本契約またはその他におけるオペレーターのその他権利に影響を及ぼすものではありません。
  6. 支払いを求められてから14日以内に、貸渡契約書に関するまたはその元に支払うべき費用の支払いを怠った場合、オペレーターの持つまたは資格があるその他の権利や救済に影響を及ぼさず、下記の追加費用すべてをオペレーターが借受人に請求し、借受人は支払わなければなりません。
    1. 支払いを求められた日から換算して14日目から払いした日までの期間、10%の利率(日ベース)
    2. 債権回収会社、外部所または法的会社からの未払回収にかかる費用はすべて借受人による費用

15. INFRINGEMENT FEES 違反金

貸渡中の交通や/または駐車に関連するすべての処罰は、借受人の責任となります。
  1. オペレーターが未払いの使用料請求や違反の違反金を受けた場合、オペレーターはその費用を補うため借受人のクレジットカードへ違反金を請求することができます。
  2. オペレーターが未払いの使用料請求や違反の違反金を受けた場合、以下を行います。
    1. オペレーターはすぐにそれらの通知や催促状の写しを借受人に通達し送る。
    2. オペレーターは、それらの通知が借受人に直接仕向けられるよう関連する機関へ必要な情報を提供する。
  3. オペレーターはまた、以下を補うための事務費用$50を借受人のクレジットカードへ請求します。
    1. 借受人のクレジットカードからの引き落とし
    2. 交通または駐車違反に関する通知を処理しと送付
  4. 借受人は、申し立てられた違反について、関連する機関へ連絡することにより、異議申し立て、不服申し立て、質問または抗議する権利を有します。また違反通知発行から56日以内または催促状発行から28日以内に、法定審問を求める権利を有します。

16. BOND 保証金

  1. 保証金は、借受人がNo Compensationを選んだ際にのみ申し受けし、貸し出しの際に$3,000をクレジットカードへ請求されます。
  2. 期間中または貸出期間後を含みまたそれに限定せず発生した、時間外返却、違反金、貸渡契約書違反による費用、いかなる車両の損害と損失、いかなる未通達の違反金と車両または第三者への損害の費用を、保証金から引き落としすることを借受人はオペレーターに許可します。
  3. オペレーターが未通達の違反金や車両または第三者の車両や所有物への損害の費用を補うための判断のため、オペレーターは貸出期間中またはその後も保証金すべてまたは一部を保持する権利を有します。
  4. 第16項(b)について、車両が満タンで損害がなく、時間通りに正確な場所に綺麗な状態で返却されることを条件に、保証金は全額返金されます。
  5. 責任の所在に関わらず、貸渡契約書に記載の通りすべての損失と/または損害は、借受人の責任となります。オペレーターが、相手から損失と/または損害の費用すべてを取れた場合にのみ、借受人の保証金は返金されます。
  6. 保証金は事故の都度、適用されるものとします。保証金が損害、事故、または車両交換により使用された場合、RCPの購入に関わらず、保証金は基本保険免責額へ戻ります。
  7. 保証金またはセキュリティーとして、デビットカードやビザデビットカードは受付はできかねます。

17. GPS & ACCESSORIES & アクセサリー

  1. 借受人は、責任の所在に関わらず、GPSや/またはその他のアクセサリー(スノーチェーン、チャイルドシートやその他備え付けまたは車両に装備されているアクセサリーを含む)の損害や損失の責任を負います。借受人による支払い額は、損害または損失があった時点のサービス料と/または取替え代を基本とします。
  2. 借受人は、製造元とオペレーターにより提供された、すべての安全と利用ガイドラインを守ることに同意します。借受人は車両から離れる際には、GPSを車内に置かないようにするものとします。

18. CANCELLATION POLICY キャンセルポリシー

  1. 確定済みの予約に適用されるキャンセル料は、全レンタル費用に対する割合を基本とする。
    1. 車両受け取り日にキャンセルされた場合は50%
    2. 車両受け取り日から1-2日前にキャンセルされた場合は30%
    3. 車両受け取り日から3-6日前にキャンセルされた場合は20%
    4. 車両受け取り日から7日前以上はキャンセル料なし
  2. 事前の連絡なしに、借受人が予約された車両受け取り時間から1時間以内に車両の受け取りを怠った場合、予約は取消しされたこととみなす。

19. PRIVACY プライバシー

    借受人から得た情報は、オペレーターにおいて借受人の車両借上げ要望と貸渡契約書の完了を処理することを可能にするためです。借受人は、オペレーターが車両借上げに関する目的と、またオペレーターが提供する商品やサービスにおけるダイレクトマーケティングと顧客満足査定を含む関連する顧客サービス対策のために、個人情報を収集、保持、利用しすることを承認します。借受人はさらに、オペレーターに対し負う金銭の支払い不履行の場合における負債回収機関と/または借受人のクレジットカード会社、または交通と/または駐車に関する違反を取り締まる責任がある機関への個人情報の開示を承認し、また借受人は、そのような目的による個人情報の開示の権限を認めます。

20. その他の言語による約款

    英文約款とその他言語約款での齟齬がある場合、英語約款を優先適用することとします。

*通達なしに情報は変更されます。最新は本約款の印刷時とします。