ニュージーランドで運転するための運転免許証について

ニュージーランドで運転する場合は次のいずれかの免許証の所持が必要です。渡航前に必ずご確認ください。
※ニュージーランド国籍でない場合には、パスポートのご提示も必要です。

いずれもお持ちでない場合、無免許として扱われ、ニュージーランド国内での運転が出来ません。
OTSレンタカーをご利用の際は、必要な免許証類は全て、有効期限内かつ原本の提示が必要になります。(コピーでの対応は出来ません。)

1. ニュージーランドの運転免許証

license-1 license-2

ニュージーランドの免許証をお持ちの方は運転可能です。
ただし、仮免許(Learner licence)や、制限付き免許(Restricted licence)などではお受付できず、フルライセンス(Full licence)が必要となります。
裏面のCLASS/ENDO欄(1,2,3,4,5のいずれかが必要)と合わせて、有効期限の欄(EXPIRES)のご確認もお願いいたします。

2. 全て英文表記された自国の運転免許証


自国の免許証が英文で表記されている場合、ニュージーランドで運転が可能です。
ただし、その免許証で運転できる車両の制限が、ニュージーランドでも同様に適用されます。
また、仮免許(Learner licence)や、制限付き免許(Restricted licence)などではお受付できず、必ずフルライセンスFull licenceが必要となります。
ご旅行前に有効期限と合わせてご確認ください。

※全て英文表記された自国の免許証がニュージーランドで有効か、またご希望車両の有効なクラスかどうかご不明な場合は、ご予約前にOTS Rent A Carへお問い合わせください。

3. 英文表記出ない自国の免許証 + 国際条約に基づく国際運転許可証

d-stamp

ジュネーブ条約などの国際条約に基づく国際運転許可証は、自国の免許証の翻訳文とし、また自国の免許証と携帯することで、ニュージーランドで車を運転することが可能になります。
ご旅行前に、お車をご利用になる期間が有効期限内かどうか、両方必ずご確認下さい。

【重要】WDクラス(10人乗り)を運転される方

免許によって、運転できる車両区分が異なります。

B:普通車(8人乗りまで)

D:大型乗用車(10人乗り以上)WDクラス

10名乗(WDクラス)をご利用される方は、国際免許証の顔写真のあるページ、”運転可能区分”D欄にスタンプがあるかご確認ください。もし、D欄にスタンプが無い方が運転してしまうと、無免許運転として扱われます。

d-stamp

【重要】民間団体・企業などにより発行された国際免許証(IDL / IAA / KIDA / IDD / IADA / ITDL / TIDLなど)

OTS Rent A Carでは、国際条約に基づいて発行された国際運転許可証以外の「国際免許証」での車両貸出はお断りしております。事前に、ジュネーブ条約などの国際条約で認められた「国際運転許可証(IDP)」を取得し、自国の免許証もお忘れなくご持参ください。


※自国で発行された、国際条約に基づく国際運転許可証が有効か、またご希望車両の有効なクラスかどうかご不明な場合は、
ご予約前にOTS Rent A Carへお問い合わせください。

4. 英文表記出ない自国の免許証 + 正式な英訳文

d-stamp

自国で有効な運転免許証が英文表記でない場合には、自国の運転免許証とその運転免許証の正式な英訳文を共に携帯することでニュージーランドで車を運転が可能です。
ただし正式な英訳文は下記で作成されたものに限ります。

※ご用意される運転免許証の英訳文がニュージーランドで有効かご不明な場合は、ご予約前にOTS Rent A Carへお問い合わせください。